荷物の場所をラクラク把握

今どこに荷物があるのかが、すぐに検索出来るようになり、 業務効率化と顧客満足度向上を実現する 「荷物追跡機能」

商品の状況のすばやい検索を、誰もが簡単かつ瞬時にアクセスできるようになり、業務効率化と顧客満足度の向上を実現します。

  • 追跡ポイントはいつでもどこでも簡単確認

    今どこに荷物があるのか。パソコンはもちろん、各種携帯電話やスマートフォンでの確認も可能です。これにより、ドライバー自身で荷物の管理ができるようになり、オペレーション負荷の軽減につながります。

  • パソコンでもメールでも情報が受け取れる

    登録された荷物のデータはお客様の要望するタイミングや形式など多種多様な条件から取り出すことが出来ます。また指定されたアドレスにメール送信をすることも可能です。追跡ポイントが「出荷」や「配達完了」になった場合など、お客様ごとに様々な設定を行うことが出来ますので、ニーズに合わせた活用・運用が可能です。

  • 追跡ポイントや基本情報は自由自在に設定可能

    追跡するポイントのタイミングや名称(入出荷・包装・集荷・持出)などは、お客様の運用に合わせて自由にカスタマイズが可能です。また、追跡ポイントに紐付く基本情報なども、ユーザーの業種に合わせた項目に設定できます。

  • 様々な項目で検索が可能

    任意に設定した基本情報の項目(荷主住所や注文番号など)から荷物の状況を 確認することができるため、お客様を待たせることなく、すばやく回答できます。

活用提案

  • 運送業での活用例
    荷物の追跡ポイント情報の確認が可能となります。これにより、ドライバー自身で荷物の管理ができるようになりますので、オペレーション負荷の軽減につながります。

  • 倉庫業務での活用例
    倉庫内での作業ポイント情報の確認が可能となります。これにより、管理者がいつでも作業進捗の確認が可能となり、作業効率化が実現できます。